お問い合わせ(代表)
048-252-5512
FAX:048-252-4090

メールでのお問合わせはこちら
診療受付時間
午前   8:30~12:15
(月~土)
午後 14:00~15:30
(月・火・水・金)
夜間 18:00~20:00
(火・木)
今月の診療体制表はこちら
休診日
日曜・祝祭日
住所
〒332-0022
埼玉県川口市仲町1-36
アクセスはこちら
デイケアすこやか
048-252-5620
サービス提供時間
月~土曜日 9時~16時
(日曜日は除く)
空き状況はこちら
ホーム 診療所紹介 コラム

コラム

6月:役人は厳しかった

内科医 内山 隆久

更新日:2021-6-1

今は昔……で始まる「今昔物語集」。

「藤原の清廉(きよかど)と云う者有き。前世に鼠にて有けん。極(いみじ)く猫になん恐(おじ)ける。」清廉は3国に広大な田を持つ資産家であったが、年貢を一切納めなかった。大和守藤原輔公(すけきみ)が、「何(いか)にして此れ責とら ん」と思いめぐらす。

「(清廉は)諸司労(しょしろう)の五位に為行(しあり)く者なれば、厩などにも可下(くだすべ)きにも非ず。然とも緩べて有れば、盗人の心有奴にて、此彼(とかく)云て出しも不遣(やら)ず。何かせまし。」と思い廻(めぐら)して、……。

清廉は役人として活躍中であり、懲戒として厩にいれる訳にはいかない。盗人の魂胆があるので、寛大にすると屁理屈を述べ、納税はしまい。任官も終わるのに納税しないのは如何いう訳かと、輔公は清廉に詰め寄った。輔公は相変わらずのらりくらり。

心の内には、「此は何事云う貧窮(びんぐう)にか有らん。屁をやはひり不懸(かけ)ぬ。返らんままに伊賀の国の東大寺の庄の内に入居なんには、極からん守の主也とも、否や責め不給(たまは)ざらん。」

税金を払う気もなく、東大寺領荘園へ逃げ込み作戦を立てた。そこで、輔公は清廉に大和宇陀の実家から稲・米五百石を納入するという証文を書かせ、

「亦有つる様に猫を放ち入れて。輔公は出なん。壷屋の遣戸を外より封結(ふうむすび)に籠めて出なん。」と脅迫。
「然らば、清廉は暫くも生きては候いなんや。」

無事に差し押さえをしたとのことである。

納税者と徴収者の追っ掛けっこ。前世は鼠であり、猫で脅しつけるアイデアはテレビドラマの一場面のようだ。

 

「きゅーぽら」の「医師コラム」を再び時々担当させて戴くことになりました。みなさんに楽しく、気楽に読んでい ただけるコラムにしたいと思っています。

「所長コラム」バックナンバーはこちら